使い捨ての掃除道具を活用しよう

 

使い古したぼろきれを活用

「掃除が苦手」という人、多いですよね。かくいう私も掃除が苦手、
というよりは面倒くさいのでできることならやりたくないと常々
思っています。でも、やらなければ汚れは溜まるし、溜まれば気分は
落ちて行く。このループから抜け出せなくなると、あっという間に
汚部屋ができあがります。

そんな面倒くさがりな私がすすめる掃除道具は、「ただのぼろきれ」です。
使い古したタオルでも綿の下着でもなんでもOK。適当な大きさにハサミ
で切って、たくさんストックしておきます。

 

使い古したぼろきれを活用

掃除道具を片付けるのが面倒

そもそも「掃除が嫌い」という気持ちがどこからくるのかと考えたとき、
私が一番嫌だったのは「汚れた掃除道具を洗う手間」でした。せっかく
頑張って部屋をキレイにしたのに、真っ黒になった雑巾やホコリのついた
掃除道具・・・。これを洗うため水回りが汚れるので、またそれを掃除
しなければならないのが本当に面倒くさかったのです。

 

掃除道具を片付けるのが面倒

使い捨ての道具なら手間がかからない

そのことに気付いて以来、私は掃除道具のほとんどを使い捨てにしました。
だからわざわざ「ぼろきれ」でなくても、使い捨てにできるものであれば
キッチンペーパーでもティッシュでも何でも良いのです(地球環境とお財布
には優しくないかもしれませんが・・・)。あ、汚れてる!と思った瞬間に、
サッと1枚とって、パパッとふいて、ポイッと捨てる。これだけで部屋が
一段とキレイになります。

ただ1点、ゴミが増えるという難点はありますが、汚部屋ができあがる
リスクと比べればなんてことありません。面倒くさがりタイプの方は
ぜひお試しあれ!